鴛鴦模様紙挟 おしどりもようかみばさみ

染織 / 江戸 

盛姫 (1811~1847)
もりひめ
江戸時代後期
縦17.2㎝ 横8.0㎝
1点
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

手細工は当時の女性の嗜みで、水辺の鴛鴦を種々の布の張り合わせで表す。羽毛の生え方、岩や幹の凹凸、葉の翻り方など、手遊びとは思えない緻密さをみせる。配色も構図も見事で、盛姫(10代佐賀藩主鍋島直正室)の優れた感覚と観察眼をうかがうことができる。後年、侯爵鍋島家12代直映夫人禎子へ譲られた。

作品所在地の地図

関連リンク

鴛鴦模様紙挟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鴛鴦模様紙挟
紅梅に鷹模様紙挟・箸差
紅梅に鷹模様紙挟・箸差

松平慈貞院(貢姫・健子)

近江八景和歌書
雅楽譜
雅楽譜

盛姫

上々様方御筆御短冊
上々様方御筆御短冊

筆姫・徽姫・観姫・猶姫・貢姫

ページトップへ