入谷遺跡出土入谷土器生産関係資料 附施釉土器一括 いりやいせきしゅつどいりやどきせいさんかんけいしりょう つけたりせゆうどきいっかつ

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸時代
土製品、土器
東京都台東区西浅草3-25-16
台東区指定
指定年月日:20150313
有形文化財(美術工芸品)

平成11年及び平成12年に実施した発掘調査により出土した、江戸時代入谷土器生産に関係する資料である。「入谷土器」は入谷地域において江戸時代から近代にかけて生産されていた産物である。
入谷遺跡下谷二丁目2番地点からは透明釉の片手鍋(行平鍋)1点が出土し、その取っ手には陽刻で上面に唐草文、下面には「坂四樂喜」銘が見られる。
下谷二丁目1番地点からは無釉の土鍋・土瓶・灯明具等の土器や板状・棒状・鉢状・四角錐状の特殊な土製品が出土している。また土鍋には内面に「樂」銘が刻印されている。
なお両地点ともに、多様な施釉土器が多数出土している。器種としては碗、皿、鉢、土鍋(片手鍋・両手鍋等)、土瓶、羽釜、火入れ、灯火具(受皿-無脚、脚付・秉燭・カンテラ等)、植木鉢、蓋、玩具類(鮑型・徳利型・人形等)があり、釉調としては透明釉、鉄釉、緑釉、彩色等が見られる。量としては、皿・土瓶・鍋・灯火具・玩具類が多い。注目されるのは、下谷二丁目1番地点出土の透明釉徳利型玩具類で、体部には彫り字で「∧久」「いりや」名が見られる。更に下谷二丁目2番地点出土の色絵鮑型玩具類である。
下谷二丁目2番地点の片手鍋は、体部を破損しており、また無釉製品等には部分的な状態の物もあるが、全体的にはほぼ良好である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

入谷遺跡出土入谷土器生産関係資料 附施釉土器一括チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山梨県一の沢遺跡出土品
志野大鉢
上野忍岡遺跡群出土旧石器時代資料一括
奈良県興福寺旧境内土壙(一乗院宸殿跡下層)出土品
蒔前遺跡出土品
ページトップへ