天児人形衣装 あまがつにんぎょういしょう

江戸 / 和歌山県 

江戸時代
1領
和歌山市湊本町3‐2
和歌山市立博物館

白の麻地に亀甲紋と笹を散らした模様が入り、葵紋が配された天児(あまがつ)の衣装。紀州藩家老であった三浦家伝来のもので、紀州徳川家から下賜されたものと考えられる。天児とは、子どもが生まれた時に、その子が災難にあわないよう身代わりとして作られる人形のこと。

作品所在地の地図

関連リンク

天児人形衣装チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫縮緬地葵紋付松竹梅菊水模様小袖
葵紋付左義長羽子板
黒漆葵紋入鷹狩用陣笠(夏用)
黒塗六星紋蒔絵女乗物
御家軍令并御旗
ページトップへ