文化遺産オンライン

天児

あまがつ

作品概要

天児

あまがつ

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1躯

天児は幼児を災厄から守る形代(かたしろ)(身代わり)として宮中に伝えられ、江戸時代には上級の武家にも広まりました。頭部は絹に皺を寄せて包んだかたちで、長寿の願いが込められています。身体は丁字形に丸木を組んでおり、本作の場合は麻の帷子(かたびら)をまとっています。

天児をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / かたびら

関連作品

チェックした関連作品の検索