Amagatsuningyoisho

天児人形衣装

Details

Amagatsuningyoisho

天児人形衣装

江戸 / 和歌山県

江戸時代

1領

和歌山市湊本町3‐2

和歌山市立博物館

白の麻地に亀甲紋と笹を散らした模様が入り、葵紋が配された天児(あまがつ)の衣装。紀州藩家老であった三浦家伝来のもので、紀州徳川家から下賜されたものと考えられる。天児とは、子どもが生まれた時に、その子が災難にあわないよう身代わりとして作られる人形のこと。

Search by Amagatsuningyoisho

Search by 和歌山市立博物館

Keywords

/ / 模様 / Edo

Related Works

Search items related to work chosen