清寧軒焼 輪花菓子鉢 せいねいけんやき りんかかしばち

陶磁 / 江戸 / 和歌山県 

和歌山市
江戸時代後期
一口
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

清寧軒焼は紀州藩11代藩主・徳川斉順(なりゆき)が和歌山城内や湊御殿などでおこなった御庭焼。箱書に惣吉(そうきつ)造とあり、京都の楽家11代・慶入の作とみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

清寧軒焼 輪花菓子鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清寧軒焼 黒楽茶碗  銘「妹嶋夕照」
清寧軒焼 赤楽結文形香合 銘「玉章」
偕楽園焼 赤楽加賀光悦写茶碗
清寧軒焼 赤楽茶碗  銘「福禄寿」
南紀男山焼 不老橋絵鉢
ページトップへ