偕楽園焼 赤楽加賀光悦写茶碗 かいらくえんやき あからくかがこうえつうつしちゃわん

陶磁 / 江戸 / 和歌山県 

和歌山市
天保7年/1836
一口
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

偕楽園焼は紀州藩十代藩主・徳川治宝が、文政二年(1819)に別邸西浜御殿に京都の陶工らを招いて始めた御庭焼。本品は二代・弥介(やすけ)の天保7年(1836)の作。

作品所在地の地図

関連リンク

偕楽園焼 赤楽加賀光悦写茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤楽茶碗
赤楽茶碗

楽旦入

偕楽園焼 白釉洲浜香合
書「瑞雲」 
書「瑞雲」 

徳川治宝

染付松霊芝文高杯
染付松霊芝文高杯

偕楽園 仁阿弥道八作 野呂介石画

清寧軒焼 輪花菓子鉢
ページトップへ