文化遺産オンライン

二彩硯屏

作品概要

二彩硯屏

陶磁 / 江戸

偕楽園焼

江戸時代・19世紀

高13.3

1面

騎驢人物の図が浮文であらわされ、台座は獅子をかたどっている。紫釉と緑釉を掛け分ける技法は、交趾焼とよばれる中国の三彩に倣っている。偕楽園焼は現在の和歌山市西浜の偕楽園で焼かれた御庭焼。永楽保全、仁阿弥道八らにより京焼の技術が伝えられた。
ルビ:こうち、かいらくえん、えいらくほぜん、にんなみどうはち

二彩硯屏をもっと見る

偕楽園焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

偕楽 / / / 西浜

関連作品

チェックした関連作品の検索