Flower Vase Three-color glaze

Details

Flower Vase Three-color glaze

ceramics / Edo

Kairakuen ware

Edo period, 19th century

高38.9 口径15.0 底径 10.7

1口

偕楽園とは十代紀州藩主徳川治宝が別邸西浜御殿で文政2年(1819)に開いた御庭焼で、作品には「偕楽園製」の印が捺される。楽家十代旦入、永楽保全、仁阿弥道八らが参加しており、中国法花の技法をもとにした三彩陶は代表的な作品のひとつ。

Related Works

Search items related to work chosen