偕楽園御庭織 袱紗 かいらくえんおにわおり ふくさ

工芸  染織 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
染織
縦27.5cm,横26.7cm
1枚

 偕楽園御庭織は、紀伊徳川家10代藩主徳川治宝が別邸・西浜御殿で織らせたもので、掛軸の表装のように裁断して用いられることが多い。この資料は、当初から袱紗として仕立てられており、花に瑞雲文様を織り出す。藩茶道の2代住山揚甫(1782~1855)が拝領した旨の包紙が付属する。

作品所在地の地図

関連リンク

偕楽園御庭織 袱紗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書「瑞雲」 
書「瑞雲」 

徳川治宝

西浜御殿之図
偕楽園御庭塗 堆朱屈輪料紙箱・硯箱
偕楽園焼 白釉洲浜香合
偕楽園御庭塗 堆朱中央卓
ページトップへ