偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」 かいらくえんやき かいゆうひらじゃわんめいしんじゅ

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径15.6cm,高さ6.3cm
1口

 平茶碗とは、茶の湯で、夏季おもに風炉を用いる際に使う、皿より深めの茶碗をいう。この資料は、草木灰を主成分とした釉薬を使用しており、淡緑色に美しく発色している。高台脇に、小文字の「偕楽園製」という陰印刻銘がほどこされている。収納する桐箱には、紀伊徳川家所蔵票が貼られており、またこの茶碗を「新樹」と名付けた、治宝側近の伊達千広(1802~77)の箱書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生
偕楽園焼 白釉洲浜香合
偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生
偕楽園御庭塗 堆朱中央卓
清寧軒焼 黒楽茶碗  銘「妹嶋夕照」
ページトップへ