清寧軒焼 黒楽茶碗 銘「妹嶋夕照」 せいねいけんやき くろらくちゃわんめいいもしませきしょう

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径10.6cm,高さ8.0cm
1口

 紀伊徳川家11代藩主斉順(1801~46)が、別邸・湊御殿などで焼かせた御庭焼が清寧軒焼である。本品は、「妹嶋夕照」と名付けられた黒楽茶碗で、黒釉の上に赤い発色が雲状にあらわれており、高台脇から下は無釉である。高台の中央には陽印刻銘で「樂」とあり、高台脇には朱銘で「照」とある。了々斎が「妹嶋夕照」と命名したことを記す箱書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

清寧軒焼 黒楽茶碗 銘「妹嶋夕照」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清寧軒焼 赤楽茶碗  銘「福禄寿」
清寧軒焼 黒楽茶入  銘「瑞穂」
清寧軒焼 輪花菓子鉢
清寧軒焼 赤楽結文形香合 銘「玉章」
偕楽園焼 白釉洲浜香合
ページトップへ