文化遺産オンライン

黒楽茶碗 銘むかし咄

くろらくちゃわん むかしばなし

作品概要

黒楽茶碗 銘むかし咄

くろらくちゃわん むかしばなし

陶磁 / 安土・桃山

長次郎

安土桃山時代・16世紀

高8.0 口径10.0 高台径5.2

1口

銘文:「長次郎焼 黒茶碗 むかし咄 (了々斎 花押)」

楽茶碗は、茶人千利休(1522~91)の創意を受け、長次郎(?~1589)によって創始されました。轆轤を用いずに手捏ねで形作り、箆で削って成形します。艶のない黒釉で高台までずっぽりと覆われたその姿には、静謐な中にも破格を求めた時代の精神が宿ります。

黒楽茶碗 銘むかし咄をもっと見る

長次郎をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長次郎 / 茶碗 / / 高台

関連作品

チェックした関連作品の検索