文化遺産オンライン

黒楽茶碗 銘 尼寺

くろらくちゃわん あまでら

作品概要

黒楽茶碗 銘 尼寺

くろらくちゃわん あまでら

陶磁 / 安土・桃山

長次郎

安土桃山時代・16世紀

陶製

高8.2 口径10.3 高台径5.0 324g

1口

侘茶を大成させた千利休は、彼の思想に基づく茶碗を陶工長次郎に作らせた。轆轤(ろくろ)で作られたそれまでの茶碗と異なり、手捏ねで成形され、緩やかに凹凸のある茶碗は、手に自然におさまる造形に特色がある。(20090616_h131)(20091110_h04)

黒楽茶碗 銘 尼寺をもっと見る

長次郎をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長次郎 / 茶碗 / / 高台

関連作品

チェックした関連作品の検索