文化遺産オンライン

黒楽茶碗 銘 末広

くろらくちゃわん すえひろ

概要

黒楽茶碗 銘 末広

くろらくちゃわん すえひろ

陶磁 / 安土・桃山 / 江戸

長次郎

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

陶製

高8.6 口径9.9 高台径5.5

1口

初期の樂茶碗は、長次郎をはじめとする工房でつくられ、工房には長次郎の妻の祖父・田中宗慶やその息子・常慶らがいました。この茶碗は長次郎の「手づくね、総釉」という基本形をとりつつ、わずかに膨らんだ胴や広めにとった高台に、初期樂茶碗のなかでもより新しい時代の作を思わせる様相がみられます。

黒楽茶碗 銘 末広をもっと見る

長次郎をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長次郎 / 茶碗 / 高台 /

関連作品

チェックした関連作品の検索