Seineikenyaki Akarakuchawammeifukurokuju

清寧軒焼 赤楽茶碗 銘「福禄寿」

Details

Seineikenyaki Akarakuchawammeifukurokuju

清寧軒焼 赤楽茶碗 銘「福禄寿」

工芸品 / 陶磁 / 江戸 / 日本 / 近畿

江戸時代後期

陶磁器

口径10.2cm,高さ9.2cm

1口

 口縁部をやや抱え込み、胴の中央部を若干しぼった半筒形の赤楽茶碗である。内側に箆削りの跡が残り、高台脇には葵紋の円印が捺されている。箱書や付属の書付によると、湊御殿で治宝が作り、旦入が焼いたということであり、また南紀男山窯の土を用いたと記されている点は興味深い。さらに、弘化3年(1786)に外山直徳という人物が、斉順から拝領したという記述もある。

Related Works

Search items related to work chosen