Akarakuchawan

赤楽茶碗

Details

Akarakuchawan

赤楽茶碗

工芸品 / 陶磁 / 江戸 / 日本 / 近畿

楽旦入 (1795-1854)

らくたんにゅう

江戸時代後期

陶磁器

口径9.4cm,高さ7.8cm

1口

 京都の陶工・楽家10代旦入(吉左衛門)作の赤楽茶碗である。旦入は、文政2年(1819)に、紀伊藩第10代藩主・徳川治宝が西浜御殿で始めた偕楽園御庭焼の開窯に際し、製陶にあたった。その功績により、文政9年(1826)5月、治宝から「楽」の書を拝領し、それを記念して楽一文字の円印を造って、同年12月から使用している。本品には、まさしくその印章が捺されている。器形は楽家代々の制に倣い、赤楽釉に黒い斑文を散らす。

Search by Akarakuchawan

Search by 楽旦入

Search by 和歌山県立博物館

Keywords

Raku / 茶碗 / ware /

Related Works

Search items related to work chosen