偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 かいらくえんやき こうちうつしにさいじゅのじもんはないけ

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径11.8cm,高さ23.5cm
1口

 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

作品所在地の地図

関連リンク

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生チェックした作品をもとに関連する作品を探す

偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生
偕楽園焼 白釉洲浜香合
偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」
南紀高松焼 染付高松茶屋根上松図花生
南紀男山焼 色絵花蝶文花生
ページトップへ