三楽園焼 更紗手兜鉢 さんらくえんやき さらさでかぶとばち

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径18.0cm,高さ4.7cm
1口

 三楽園焼は、新宮城主・水野忠央(1814~65)が南紀男山窯や江戸下屋敷内で焼かせたやきものである。この資料は、浅黄釉に更紗風の草花模様を描いた典型的な作品で、底面に印刻銘で「三楽園製」とある。なお、兜鉢とは伏せると兜の形に似ているものをいう。

作品所在地の地図

関連リンク

三楽園焼 更紗手兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生
南紀高松焼 染付高松茶屋根上松図花生
南紀男山焼 染付桃図手付鉢
瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢
偕楽園焼 白釉洲浜香合
ページトップへ