偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生 かいらくえんやき こうちうつしおうはくゆうじゅのじもんはないけ

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径13.4cm,高さ29.7cm
1口

 偕楽園焼の典型的な交趾写花生のスタイルで、文様の構成も同じであるが、外面の「壽」字の部分のみ白釉とし、その他の部分は黄釉で染めている点が珍しい。ただし、釉薬が薄いため、轆轤による調整痕を観察できる。また、浮き彫りとなっている文様線は、強く浮き出ており、一般的な二彩の作品より、文様の輪郭をはっきりと見ることができる。底面には、陰印刻銘で「偕楽園製」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生チェックした作品をもとに関連する作品を探す

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生
二彩硯屏
二彩硯屏

偕楽園焼

偕楽園焼 白釉洲浜香合
偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」
南紀男山焼 色絵花蝶文花生
ページトップへ