文化遺産オンライン

井戸茶碗  銘 さかい  

いどちゃわん さかい

作品概要

井戸茶碗  銘 さかい  

いどちゃわん さかい

陶磁 / 朝鮮半島

朝鮮半島

朝鮮時代

高8.5㎝ 口径15.8㎝ 高台径5.8㎝

一口

東京都港区南青山6-5-153

根津美術館

重要美術品

大井戸のなかでもことに大振りな茶碗である。腰に轆轤挽きの段が強く付き、側面にも轆轤目がめぐり、広い見込みの底には茶溜りが一段と深く付けられている。薄く仕上げられた口縁は平らに削りまわされ、大きくゆがむためか、軽やかな気分を持つ茶碗である。釉は全体になめらかによく溶けて枇杷色をなし、外側の灰青色を呈するところでは紅色の斑が散って景色となり、高台脇から高台内にかけては荒く梅花皮を生じて、これも景色となっている。見込みには目跡がなく、高台畳付きには三つ残っているが他は不鮮明で数えられない。
この茶碗の内箱の蓋表には金粉字形の「さかい」の文字があり、また外箱には「境井戸 茶碗」と箱書があるが、銘の由来や伝来については明らかではない。

井戸茶碗  銘 さかい  をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 高台 / 井戸 /

関連作品

チェックした関連作品の検索