文化遺産オンライン

赤楽茶碗(鵺)〈道入作/〉

あからくちゃわん(ぬえ)〈どうにゅうさく/〉

作品概要

赤楽茶碗(鵺)〈道入作/〉

あからくちゃわん(ぬえ)〈どうにゅうさく/〉

陶磁 / 江戸 / 関東

道入

江戸

腰が丸く、胴にふくらみを持たせながら開き気味に立ち上がり、口部はわずかに内に抱えた大振りの茶碗。素地は陶胎、手捏ねで成形し、内外を削って整形する。見込みは広く、大きな楕…

高9.0  口径12.2  高台径5.8  (㎝)

1口

重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:

公益財団法人三井文庫

国宝・重要文化財(美術品)

鵺の銘をもつこの茶碗はノンコウ七種の一つに数えられ、道入の赤茶碗の中では最も声価が高い。白土の素地に黄土を塗り、砂釉を施すことにより、鮮やかな赤色を呈している。胴の一部の刷毛で塗りつけた黒い斑文が独特の景色をなし、「鵺」の銘はこの景色を『平家物語』の源頼政鵺退治で知られる鵺の怪雲に見立てたものである。道入は樂歴代随一の妙手として知られ、巧みな篦使い、変化に富んだ釉技など、樂歴代の技術は道入によって確立されたといっても過言ではない。それまでの古樂の重厚な趣を脱して、新たな時代に応じた明るく軽やかな個性を発揮した点は高く評価される。

赤楽茶碗(鵺)〈道入作/〉をもっと見る

道入をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

茶碗 / / 長次郎 /

関連作品

チェックした関連作品の検索