刀〈無銘義弘(名物富田江)/〉 かたな〈むめいよしひろ(めいぶつとみたごう〉

工芸 / 南北朝 / 関東

  • 義弘
  • 東京都
  • 南北朝
  • 鎬造、庵棟、中鋒少し延びる。鍛小板目最もよく約み、地沸厚く地斑ごころ交じる。刃文浅い湾れに互の目交じり、足葉よく入り、匂深く小沸つき、金筋ところどころにかかり、地刃とも…
  • 身長64.8  反1.4  (㎝)
  • 1口
  • 東京都目黒区駒場4-3-55
  • 重文指定年月日:
    国宝指定年月日:19560628
    登録年月日:
  • 公益財団法人前田育徳会
  • 国宝・重要文化財(美術品)

現存する江義弘の作中で、出来と健全さの両面から稲葉江と双璧をなすものであり、江戸時代には江戸第一の称があった。享保名物牒によると、もと富田左近が所持したことから富田江の号があり、後に豊臣秀吉の所有、その後秀吉の遺物として前田利長がもらったものと伝える。

刀〈無銘義弘(名物富田江)/〉

ページトップへ