太刀〈銘備前国長船住景光/元弘四年二月日〉 たち〈めいびぜんのくにおさふねじゅうかげみつ/げんこうよねんにがつひ〉

工芸 / 鎌倉 / 関東

  • 備前国長船住景光
  • 鎌倉/1334
  • 鎬造、庵棟、腰踏張あり、地は鍛小板目、乱映り立ち、刃文は直刀に尖り刃間遠に入り、匂口しまり、帽子は直ぐ小丸に返り、生ぶ茎先切、勝手下がりの鑢目つき。
  • 長73.3 反2.7(㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19410703
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 個人
  • 国宝・重要文化財(美術品)

長船景光の典型的な作風を示している晩年の作。

太刀〈銘備前国長船住景光/元弘四年二月日〉

ページトップへ