レブンアツモリソウ群生地 れぶんあつもりそうぐんせいち

植物 / 北海道 

礼文町大字船泊村字鉄府
フェリーターミナルから路線バス(須古頓行き)乗車、浜中で下車し徒歩。所要時間約1時間。6~8月は1日3便の観光シャトルバスもあり、礼文町教育委員会 0163-86-2119

・レブンアツモリソウは、ラン科アツモリソウ属の一種で、母種のアツモリソウがアジアからヨーロッパにかけて広く分布しているのに対し、日本では、礼文島にのみ生育している礼文島固有の植物です。
・また、この姿・形の美しさからも貴重な野生生物であり、礼文島北部の鉄府地区が最大の生育地となっており、その群落規模からも学術的価値が高いとされております。平成5年には国内特定希少野生動植物に指定され、国・道・町が一体となってその保護と増殖に努めています。
・開花時期は、5月下旬から6月上旬というごく限られた期間で、保護区内の柵で囲った遊歩道のみ立ち入り可能となっています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

レブンアツモリソウ群生地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

礼文島桃岩付近一帯の野生植物
温根湯エゾムラサキツツジ群落
オオヨドカワゴロモ自生地
佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落
北海道船泊遺跡出土品
ページトップへ