礼文島出土の歯牙製女性像及び動物像 れぶんとうしゅつどのしがせいじょせいぞうおよびどうぶつぞう

骨角・牙・貝製品類 / 北海道 

北海道
オホーツク文化期
マッコウクジラ牙
長昌寺 礼文町大字船泊村字オションナイ291番地
礼文町教育委員会 0163-86-2119
北海道指定有形文化財

・この婦人偶と動物像は、昭和の初めに、長昌寺の先代住職、長尾了圓氏によって大備地区の砂丘で発見されたものです。
・最大の婦人像は、高さ約13センチメートル、もう1点の婦人像が約9センチメートル、動物(熊と推定)像が全長約10センチメートルです。素材はマッコウクジラの牙と推定されています。
・この像は、オホーツク文化に属するものと推定されます。それは髪を結い、腕を組み、スカートをはいている意匠が、道内のオホーツク文化遺跡から出土していためです。加えて、大陸でも類似の像が出土した例があると報告されていることから、大陸の文化とオホーツク文化との関係を示す資料ともいえます。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

礼文島出土の歯牙製女性像及び動物像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ラッコ彫像
北海道松法川北岸遺跡出土品
北海道船泊遺跡出土品
青苗砂丘遺跡
オホーツク土器(水鳥文)
ページトップへ