文化遺産オンライン

クマ彫刻断片

くまちょうこくだんぺん

作品概要

クマ彫刻断片

くまちょうこくだんぺん

考古資料 / 骨角・牙・貝製品類 / 日本 / 北海道 / 北海道

オホーツク文化/8~9世紀頃

常呂川河口遺跡

15号竪穴出土

北見市教育委員会

クマの頭部を表した彫刻の断片。オホーツク文化の遺跡では、全身像や、指揮杖の先端に頭像を付けたものなど、クマを表した彫刻が出土することが多い。この断片については、同じ住居跡から「クマ形彫刻のある角器」が出土していることから、同様の角器の破片であった可能性が考えられる。

関連作品

チェックした関連作品の検索