文化遺産オンライン

フクロウの彫刻付き棒状木製品

ふくろうのちょうこくつきぼうじょうもくせいひん

作品概要

フクロウの彫刻付き棒状木製品

ふくろうのちょうこくつきぼうじょうもくせいひん

考古資料 / 木簡・木製品類 / 日本 / 北海道 / 北海道

オホーツク文化/8~9世紀頃

残存長4.7cm

常呂川河口遺跡

15号竪穴住居跡出土

北見市教育委員会

先端にフクロウ形の彫刻が付いた棒状の木製品。焼失住居内から炭化した状態で発見された。下端が折れており、用途ははっきりしない。フクロウ形彫刻はよく見ると羽角が表現されており、シマフクロウ、あるいはミミズクの仲間を表現したものであろうと考えられる。

関連作品

チェックした関連作品の検索