文化遺産オンライン

クマの足形彫刻のある骨製装飾品

くまのあしがたちょうこくのあるこつせいそうしょくひん

作品概要

クマの足形彫刻のある骨製装飾品

くまのあしがたちょうこくのあるこつせいそうしょくひん

考古資料 / 骨角・牙・貝製品類 / 日本 / 北海道 / 北海道

オホーツク文化/8~9世紀頃

長さ6.2cm

常呂川河口遺跡

15号竪穴住居跡出土

北見市教育委員会

装飾品と考えられるが、正確な用途は不明。クジラ類の歯と推定される素材を彫刻したもので、端部はクマの足を表現したものと考えられている。

関連作品

チェックした関連作品の検索