オホーツク土器 おほーつくどき

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

オホーツク文化
栄浦第二遺跡[常呂遺跡]
北見市教育委員会

口唇部に刻み目、頸部にスタンプ文が施された壷形の土器。スタンプ文はおそらくクマの足形を表現したものである。
所謂ソーメン状貼付文が発達する以前の「沈線文期」に位置づけられるもので、市内のオホーツク文化の資料としては古い時期に属する。
栄浦第二遺跡は大部分が国史跡常呂遺跡の範囲に含まれているが、この土器は史跡の隣接区域の発掘で出土した。

作品所在地の地図

関連リンク

オホーツク土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製耳環
常呂遺跡
擦文土器
オホーツク土器
機織機断片
ページトップへ