銀製耳環 ぎんせいじかん

考古資料  金属製品類 / 日本  北海道  北海道 

オホーツク文化
径3.0cm(左)
栄浦第二遺跡[常呂遺跡]
2号土坑出土
北見市教育委員会

オホーツク文化の土坑墓から出土したもので、出土位置から被葬者の耳に装着した状態で葬られたものと推測される。
棒状の銀で円環をつくっているが、両端部は薄くして径1mmの小孔が空けられている。
栄浦第二遺跡のうち国史跡指定範囲の隣接地区から出土した。

作品所在地の地図

関連リンク

銀製耳環チェックした作品をもとに関連する作品を探す

オホーツク土器
機織機断片
常呂遺跡
青苗砂丘遺跡
本野原遺跡
ページトップへ