Burial goods from pit grave of the late Epi-Jomon period

Details

Burial goods from pit grave of the late Epi-Jomon period

Archaeology / others / Asia / Japan / Hokkaido / Hokkaido

Late Epi-Jomon period

Tokoro River Estuary site

Pit No.300

北見市教育委員会

続縄文時代後半期の土坑墓からの出土品。常呂川河口遺跡で出土したガラス玉には淡青色のものと、それより一回り大きい濃青色のものの2種類がある。この資料は後者の濃青色のもので、径5~7mm、厚さ3~7mmの大きさである。これらのガラス玉の製作地は不明だが、成分分析からは中国大陸産の原料が使われたことが示唆されている。
この土坑墓のガラス玉は、被葬者の眼窩の位置にまとめて置かれていたらしいことが出土状況から分かっている。

Related Works

Search items related to work chosen