続縄文時代の墓の副葬品 ぞくじょうもんじだいのはかのふくそうひん

その他の画像全5枚中5枚表示

考古資料  石器・石製品類  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
常呂川河口遺跡
470号土坑出土
北見市教育委員会

続縄文時代前半、宇津内IIa式期の墓坑(470号土坑)から出土したもの。琥珀玉、5個の土器、各種の石器など、この遺跡で見つかった中では最も豊かな副葬品をもつ墓である。
石器には石鏃やナイフのほか、ヒト形の石偶(異形石器)がある。また、サハリン産と推定される琥珀をつかった琥珀玉は総数約2500点にものぼる。これは同時代の北海道全体で見ても突出した数であり、この地域にオホーツク海沿岸の交易ルートをおさえる有力な勢力の存在したことを伺わせる資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

続縄文時代の墓の副葬品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

琥珀製首飾り
琥珀製首飾り
管玉
カリンバ遺跡
幣舞式土器
ページトップへ