琥珀製首飾り こはくせいくびかざり

考古資料  石器・石製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
106点
常呂川河口遺跡
1013号土坑出土
北見市教育委員会

この琥珀製品は土坑墓から出土し、共伴した土器から続縄文時代初頭のものと位置づけられる。赤みを帯びた琥珀玉はネックレス状の装身具などとして加工・使用されたものが副葬されたものと考えられる。このような規格の揃った琥珀製玉の大量副葬は続縄文初頭から道央部以東の墓を中心にみられる特徴である。また琥珀はサハリン産と考えられており、当時の交流・交易の存在を示唆する資料といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

琥珀製首飾りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

琥珀製首飾り
続縄文時代の墓の副葬品
管玉
カリンバ遺跡
幣舞式土器
ページトップへ