文化遺産オンライン

続縄文時代の墓の副葬品(常呂川河口遺跡681c号土坑)

ぞくじょうもんじだいのはかのふくそうひん(ところがわかこういせき681cごうどこう)

概要

続縄文時代の墓の副葬品(常呂川河口遺跡681c号土坑)

ぞくじょうもんじだいのはかのふくそうひん(ところがわかこういせき681cごうどこう)

考古資料 / 石器・石製品類 / 日本 / 北海道 / 北海道

続縄文時代

常呂川河口遺跡

681c号土坑出土

北見市教育委員会

続縄文時代前半期の土坑墓から出土した一括資料。土器が出土していないことから詳しい時期は分からないが、3点出土した琥珀玉は原石形状を生かした形態で、これは続縄文時代前半期でも古い時期に特徴的なものである。その他、石鏃34点をはじめ、ナイフ、磨製石斧等の石器がまとまって埋納されていた。

関連作品

チェックした関連作品の検索