文化遺産オンライン

丸玉・縄文土器(常呂川河口遺跡102a号土坑)

まるたま・じょうもんどき(ところがわかこういせき102aごうどこう)

概要

丸玉・縄文土器(常呂川河口遺跡102a号土坑)

まるたま・じょうもんどき(ところがわかこういせき102aごうどこう)

考古資料 / 石器・石製品類 / 土器・土製品類 / 日本 / 北海道 / 北海道

縄文時代晩期

常呂川河口遺跡

102a号土坑

北見市教育委員会

縄文時代晩期、幣舞式土器を伴う土坑墓の一括資料。曲面の底部をもつ2点の土器はほぼ完形である。右の深鉢形土器は高さ9.2cmで、口縁の他、底部にも貫通孔がある。径約1.5cmの滑石製の丸玉1点が共伴する。

関連作品

チェックした関連作品の検索