文化遺産オンライン

縄文時代の墓の副葬品(常呂川河口遺跡882号土坑)

じょうもんじだいのはかのふくそうひん(ところがわかこういせき882ごうどこう)

作品概要

縄文時代の墓の副葬品(常呂川河口遺跡882号土坑)

じょうもんじだいのはかのふくそうひん(ところがわかこういせき882ごうどこう)

考古資料 / 石器・石製品類 / 土器・土製品類 / 縄文 / 日本 / 北海道 / 北海道

縄文時代晩期

常呂川河口遺跡

882号土坑出土

北見市教育委員会

縄文時代晩期、幣舞式土器を伴う土坑墓の一括資料。土器は口縁に装飾的な突起をもつ浅鉢と、隅丸方形の上面観をもつ深鉢であり、後者には赤く彩色された痕跡が残る。また、黒曜石製、及び黒色安山岩製の石器を伴うが、特に黒色安山岩製の大形板状剥片はこの時期の土坑墓にしばしば副葬されたものである。

関連作品

チェックした関連作品の検索