常呂遺跡 ところいせき

史跡 / 北海道 

北海道
常呂郡常呂町
指定年月日:19740312
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 オホーツク海岸に沿って常呂川の河口からサロマ湖西岸へと続く幅約300メートル、長さ約2.7キロの砂丘上に所在し、擦文文化期・オホーツク文化期を中心とする2000基以上の竪穴住居跡および墳墓と考えられる多数の小形竪穴がある。
 東北地方北部から北海道の各地では、しばしば竪穴が埋没しきらずに地上に大小のくぼみを残しているが、本遺跡はこのような竪穴群のなかでも最大の規模と密度をもつ一つとして注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

常呂遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朱円竪穴住居跡群
シブノツナイ竪穴住居跡
オムサロ台地竪穴群
興部豊野竪穴住居跡
西月ヶ岡遺跡
ページトップへ