擦文土器 さつもんどき

権利者:北見市教育委員会

その他の画像全6枚中6枚表示

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

擦文時代
ST-9遺跡[常呂遺跡]
1号竪穴住居跡出土
北見市教育委員会

ST-9遺跡は国史跡常呂遺跡の西部地区にあたる擦文時代の集落遺跡である。これらの土器はその中の最大の住居跡、1号竪穴住居跡から出土した。いずれも擦文時代の後期に位置づけられるもので、大小の甕、高坏などが出土している。
大形の甕には胴部に山形、矢羽状などの刻線が複数段重なった、この時期に特徴的な構成の文様が見られる。最前列左の小形の甕はかまどの支脚に転用されたもので、火を受けて赤く変色している。

作品所在地の地図

関連リンク

擦文土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

擦文土器
擦文土器(甕形土器)
擦文土器(高坏)
ポロナイポ遺跡出土遺物
擦文土器(高坏)
ページトップへ