文化遺産オンライン

西月ヶ岡遺跡

にしつきがおかいせき

作品概要

西月ヶ岡遺跡

にしつきがおかいせき

史跡 / 北海道

北海道

根室市西浜町

指定年月日:19760828
管理団体名:

史跡名勝天然記念物

 根室市街地の西郊外に所在する擦文土器の時代を中心とする集落跡である。洪積台地を開析して流れるキナトイシ川の小谷に向かって舌状に突出した3つの台地上に、約300基の竪穴住居跡が凹地をなして点在する。それらの竪穴の凹みは、正方形を基本とするが、長方形・楕円形・円形もみられ、とくに大形のものは正方形を呈している。竪穴群は、自然地形に即して、北丘の124基、中央丘の45基、南丘の57基がまとまりを示す支群を形成する。
 昭和38年、東京教育大学と根室市教育委員会が発掘し、竪穴住居床面から擦文土器とともに内耳土器を発見した。また、栽培種と考えられるモロコシが検出され、擦文文化の性格を解明する上でも重要な資料となっている。

西月ヶ岡遺跡をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

竪穴 / 擦る / 住居 /

関連作品

チェックした関連作品の検索