クマ形彫刻のある角器 くまがたちょうこくのあるかっき

権利者:北見市教育委員会

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 日本  北海道  北海道 

オホーツク文化
長さ12.6cm
常呂川河口遺跡
15号竪穴
北見市教育委員会

オホーツク文化後期の竪穴住居跡から出土した。鹿角を素材とし、端部にクマの頭部から4本の脚までが彫刻で表現されている。竪穴住居内の祭祀的な空間である骨塚周辺から出土した資料で、一種の指揮杖のようなものであったと考えられる。ばらばらに壊れた状態で発見されており、儀礼のため意図的に破壊された可能性も考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

クマ形彫刻のある角器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ラッコ彫像
オットセイ形垂飾
骨製匙
常呂遺跡
オホーツク土器
ページトップへ