Baton with carved bear

Details

Baton with carved bear

Archaeology / objects made of bone / horn / shell / Asia / Japan / Hokkaido / Hokkaido

Okhotsk Culture/c. 8-9th century

Length: 12.6cm

Tokoro River Estuary site

Pit-dwelling No.15

北見市教育委員会

オホーツク文化後期の竪穴住居跡から出土した。鹿角を素材とし、端部にクマの頭部から4本の脚までが彫刻で表現されている。竪穴住居内の祭祀的な空間である骨塚周辺から出土した資料で、一種の指揮杖のようなものであったと考えられる。ばらばらに壊れた状態で発見されており、儀礼のため意図的に破壊された可能性も考えられる。

Related Works

Search items related to work chosen