桜螺鈿鞍 さくららでんくら

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 鎌倉 / 九州 

福岡県
鎌倉
両輪は樫材、居木は沢栗材で造る。前輪は山形やや高く、州浜形を深く刳り込み、両肩に手形を彫る。両輪とも全面黒漆塗地に表は満開の桜樹を螺鈿で表し、裏にも桜枝文を散らす。居木…
前輪高30.0㎝ 後輪高32.4㎝ 居木長40.5㎝
1脊
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:19520719
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

桜の図様が良く整い、精妙な螺鈿の技術が見られる。鎌倉時代における螺鈿鞍の代表的な遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

桜螺鈿鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

亀甲地螺鈿鞍
萩螺鈿鞍
沃懸地獅子螺鈿鞍
柏木兎螺鈿鞍
螺鈿時雨鞍
ページトップへ