松浦宮物語(色紙、金銀泥下絵料紙) まつらのみやものがたり

その他の画像全7枚中7枚表示

 / 南北朝 / 関東 

東京都
南北朝
1帖
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

綴葉装桝型冊子本で、料紙は斐紙を用い、素紙のほかに紫・縹【はなだ】の色紙、蝶鳥・海辺・秋草・山水等に一部芦手絵【あしでえ】を用いた金銀泥下絵【きんぎんでいしたえ】及び打曇紙を取合せ、美麗な姿にしつらえている。本文は半葉十一乃至十三行充て、一筆に書写され、仲々に流麗な筆致を示している。この物語は鎌倉時代前期に成立した擬古物語であって、近年藤原定家の壮年時代の作とみる説が有力である。本帖は続群書類従本などの流布本の組本と目されるもので、鎌倉時代小説物語の古写本として貴重である。蜂須賀家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

松浦宮物語(色紙、金銀泥下絵料紙)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松浦宮物語
松浦宮物語
恵慶集〈上 藤原定家筆/〉
私家集(色紙)
仲文集〈藤原定家筆/〉
ページトップへ