太安萬侶墓誌/癸亥年七月六日在銘/奈良県奈良市此瀬町出土 おおのやすまろぼし

考古資料 / 奈良 / 近畿 

奈良県
奈良/723
1枚
橿原市畝傍町50-2
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

奈良盆地の東方、大和高原の通称トンボ山の丘陵南斜面において発見されたもので、『古事記』の編者として著名な太安萬侶の墓誌である。墳墓は墓壙を設け、木櫃をおき周囲を木炭で覆ったものである。墓誌はこの木櫃底部に収められていた。四十一字からなる銘文は、太安萬侶の歿年月日を記したものである。奈良時代墳墓のうち、出土状況などが明確に調査された珍しい例である。

作品所在地の地図

関連リンク

太安萬侶墓誌/癸亥年七月六日在銘/奈良県奈良市此瀬町出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐井寺僧道薬墓出土品
奈良県天神山古墳出土品
大和唐古遺跡出土品
金銅小治田安万侶墓誌〈銅製小板二枚共/〉
奈良県メスリ山古墳出土品
ページトップへ