木棺残欠 もっかんざんけつ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 奈良 / 奈良県 

出土地:奈良市都祁甲岡町 小治田安万侶墓出土
奈良時代・神亀6年(729)
木製
1個
重要文化財

""明治45年(1912年)に丘陵斜面から火葬骨が木櫃(もくひつ)に入れられた状態で発見
され、墓誌は木櫃に伴う状態で出土しました。墓誌が3枚もある珍しい例です。銀製の和同開珎・土師器甕・三彩壺の破片なども出土しています。小治田(おはりだ)氏は蘇我氏の同族で、明日香村豊浦(とゆら)周辺を拠点としていたようです。"""

作品所在地の地図

関連リンク

  • され、墓誌は木櫃に伴う状態で出土しました。墓誌が3枚もある珍しい例です。銀製の和同開珎・土師器甕・三彩壺の破片なども出土しています。小治田(おはりだ)氏は蘇我氏の同族で、明日香村豊浦(とゆら)周辺を拠点としていたようです。"""
    ,木棺残欠," />

木棺残欠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小治田安万侶墓誌
小治田安万侶墓出土品
太安萬侶墓誌/癸亥年七月六日在銘/奈良県奈良市此瀬町出土
墓誌・骨蔵器(奈良県佐井寺僧道薬墓出土)
文祢麻呂墓誌
ページトップへ