大和御坊山第三号墳出土品 やまとごぼうやまだいさんごうふんしゅつどひん

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 / 近畿 

奈良県
古墳
一括
橿原市畝傍町50-2
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
奈良県
国宝・重要文化財(美術品)

御坊山第三号墳は、大和斑鳩の竜田山南斜面に立地し、内部主体を横口式石槨とした径約八メートルを測る円墳である。本件はこの古墳の副葬品である。三彩有蓋円面硯、管状カラス、琥珀枕は、わが国の古墳から出土したものとしてはほとんど唯一の遺品であり注目される。なかでも三彩有蓋円面硯は、器形、釉調など同種の伝世品を含めて類例がない。これらを収めていた陶棺も黒漆を塗布し荘厳化するなど、本古墳を特色づけている。

作品所在地の地図

関連リンク

大和御坊山第三号墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大和新沢干塚一二六号墳出土品
紀伊大谷古墳出土品
御坊山3号墳 三彩有蓋円面硯
兵庫県箕谷二号墳出土品
御坊山3号墳 漆塗陶棺
ページトップへ