絹本著色唐太宗花鳥図〈小田野直武筆/〉 けんぽんちゃくしょくとうたいそうかちょうず

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 / 江戸 / 東北 

小田野直武
秋田県
江戸
3幅
秋田県立近代美術館 秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
秋田県
国宝・重要文化財(美術品)

 小田野直武(一七四九-八〇年)は、その代表作「絹本著色不忍池図」(昭和四十三年四月二十五日指定・重文)にみるように、江戸時代後期洋風画の最初期に清新な印象の洋風画を生み出した、秋田蘭画と称される画派を代表する画家である。
 三幅のうち中幅には蝗を手にした唐朝の第二代皇帝太宗を描く。太宗は、山水図衝立を背障として濃い青色の雲文金襴をかけた椅子に坐した姿で表されている。衝立の傍らには文房具を置いた卓が配される。太宗は左手の掌に蝗をのせ、正面よりやや左を向いて前方を見据えている。本図は飢饉をもたらした蝗の害を民に代わって自らが負うため、臣下の制止にもかかわらず蝗を飲み込んだという『貞観政要』の故事に基づく鑑戒的主題の作品であり、秋田藩士である直武が漢画の伝統的ジャンルを西洋画法で表現しようとしたものである。
 細部の描法は精細で、隈を用いた指の立体的な把握、顔貌の細部描写、『解体新書』の耳によく似た耳の表現等は、それまでの伝統的画法とは明確に異なる表現を示す。ことに注目されるのは、それまでの日本絵画にも中国絵画にも主要な要素であった輪郭線が「唐太宗図」にはほとんどみられず、代わりに墨の隈、彩色の濃淡を隣り合わせた境界で輪郭を表現している点、また、一方向からの光を表現しようとしている点である。
 例えば、雲龍文のある黄色の袍は両脇・袖口・膝で幾重にも襞をなすが、通常太い墨線によって表される衣文線はまったくなく、墨隈を用いて襞を表現している。また、他にも何らかの塗料を重ねて塗ったらしく、襞の周辺部分の黄色が暗く発色している。一方、太宗の頭部の右側…

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色唐太宗花鳥図〈小田野直武筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色不忍池図〈小田野直武筆/〉
蓮図
蓮図

小田野直武筆

小田野直武筆 児童愛犬図
小田野直武筆 笹に白兎図
解体新書
解体新書

杉田玄白、前野良沢ほか

ページトップへ