解体新書 かいたいしんしょ

その他の画像全6枚中6枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 日本 

杉田玄白、前野良沢ほか
すぎたげんぱく、まのえりょうたく
江戸時代中期/1774年(安永3)
木版墨刷り
縦26.7×横17.8cm
5冊

杉田玄白、前野良沢らが中心となり、ドイツ人医師クルムスの解剖書のオランダ語訳『ターヘル・アナトミア』を翻訳し、安永3年(1774)に出版したもの。日本最初の本格的な翻訳医学書で、今日使用されている「神経」「軟骨」「動脈」などの言葉がこのときにはじめて作られたことでも知られている。遠近法や陰影法を用いて描かれた精巧な解剖図は、西洋画法を平賀源内に学び、後に秋田蘭画とよばれる和洋折衷の絵画のジャンルを築いた秋田藩士小田野直武によるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

解体新書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

解体新書
解体新書

杉田玄白訳

牡丹図
人体解剖図 オランダ語版
人体解剖図 オランダ語版

ホヴェルト・ビドロー著 へラルト・デ・ライレッセ原画 ユトレヒト刊

解體新書
解體新書

杉田玄白著 小田野直武画

佐竹曙山 写生帖
ページトップへ