解体新書 かいたいしんしょ

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

杉田玄白訳
すぎたげんぱくやく
江戸時代/安永3(1774)年
典籍
27.0cm×18.8cm(各冊)
5冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

ドイツの医師クルムスの解剖書「AnatomischeTabel-in」のオランダ語訳を日本語訳した、日本最初の西洋解剖学の本格的な翻訳書。翻訳の中心になったのは小浜藩医杉田玄白、中津藩医前野良沢で、原書にある精緻な銅版解剖図は、平賀源内の弟子で秋田藩士の小田野直武が木版画に直した。本書はこれまで漢方医学で知られていなかった膵臓、リンパ管を指摘するなど大きな成果を生み出した。

作品所在地の地図

関連リンク

解体新書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

解体新書
解体新書

杉田玄白、前野良沢ほか

解体発蒙
解体発蒙

三谷樸

捷径医筌
捷径医筌

中江藤樹

人体解剖図 オランダ語版
人体解剖図 オランダ語版

ホヴェルト・ビドロー著 へラルト・デ・ライレッセ原画 ユトレヒト刊

『訳鍵』〈三瀬諸淵朱書本〉
ページトップへ