解体発蒙 かいたいはつもう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

三谷樸
みたにぼく
江戸時代/文化10(1813)年
典籍
26.5cm×18.5cm(各冊)
5冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

近江の医師で、本草家小野蘭山の弟子三谷樸が、漢方医の立場から『解体新書』を批判し刊行した医学書。本書は『解体新書』の記述を漢方の古典と比較考証し、蘭医学は繊細緻密であるが、細部にこだわりすぎるあまり五体の調和を見失っていると批判している。

作品所在地の地図

関連リンク

解体発蒙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

解体新書
解体新書

杉田玄白訳

捷径医筌
捷径医筌

中江藤樹

愛媛面影
愛媛面影

半井梧菴

小野蘭山関係資料
『訳鍵』〈三瀬諸淵朱書本〉
ページトップへ